ヤマイグチ

ツカが硬いきのこ。食べるときは、しっかりとした若いものを。

ヤマイグチ 山猪口 きのこナビ/事典ヤマイグチ きのこナビ/調べる

イグチ科 ヤマイグチ属 / 別名・和名:山猪口

発生場所:ヤマイグチはシラカバなどのカバノキ類の木の下や草地に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ヤマイグチは傘の直径が5~25cmほどの大きさのキノコで、幼菌時は表面がビロード状の質感で半球形をしており、成長するとカサが平らに開いていき、表面の質感も平らになりますが、ヒビ割れたりまだらなものもあります。

傘の色は灰褐色やくすんだ黄褐色で、ごくまれに暗褐色のものも見られます。また、湿度が高い場所では表面に弱い粘性のヌメリがでる事もあります。

ヤマイグチの茎は長さが5~12cmほどですが、下方に近づくほど更に太くなっており、表の色は白色で暗褐色または黒褐色の細かいササクレや毛羽立ちが全体にあります。まれに網目状になっている事も見受けられます。

傘の裏の管孔は、ツカに上生または離生し、色は幼菌時はほぼ白色で、徐々に灰色を帯びた褐色になっていきます。また、孔口も同色で傷がつくとオリーブ色への変色がやや見られます。

ヤマイグチの肉は全て白色で味やにおいは特になく、空気に触れると変色する変色性などの特徴も基本的には見られませんが、根元部分のみは青く変色します。

成長したものは火を通すと溶けたようになるので、食べる際にはなるべく若く、しっかりしたものを選びましょう。火の通りが十分でないと中毒を起こすこともあるので、大量に食べる場合は注意が必要です。

茎が硬くしまっているためドイツでは「石のキノコ」と呼ばれ、食用として好まれています。しかし日本国内では食用としてそれほど人気はないようです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ