モエギタケ

幼い時は傘が緑色を帯びているきのこ

モエギタケ きのこナビ/事典モエギタケ きのこナビ/事典

モエギタケ科 モエギタケ属 / 別名・和名:萌木茸

発生場所:モエギタケはさまざまなの林の中に生育し、特に広葉樹林の地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

モエギタケは傘の直径が3~7cmほどの大きさのキノコで、表面には強いヌメリがあり、色は緑色です。しかし、雨などで粘状液が落ちてしまうと色は薄い黄色に変化します。

傘の形は幼いうちは半球形、あるいは円錐形で成長すると平らに開きます。また、カサの周辺には白く薄い綿毛状の鱗片が見られます。

ヒダはツカに直生し、色は最初は白色をしていますが胞子の成熟に伴って徐々に褐色に変色していきます。

モエギタケのツカは根元に近づくほど太くなり、表面は白い色で条線が見られます。ツカの中ほどからやや上の部分には薄い白色をした膜質のツバが見られます。また、ツバから下にはササクレがあり、基部には白色の菌糸束がついています。ツカの内部は空洞になっている場合が多いようです。

肉は全体的に白色ですが、表面に近い部分は薄い黄色をしています。味は淡白で、特徴はあまりありません。

食用される方もいますが、以前は有毒種とされていたので食べるのはやめたほうがいいでしょう。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ