ベニヒダダケ

小さくて黄色いきのこ。成長するとヒダが紅色に。

ベニヒダタケ 紅 きのこ図鑑/事典ベニヒダタケ 紅 きのこ検索/事典

ウラベニガサ科 ウラベニガサ属 / 別名・和名:紅襞茸

発生場所:ベニヒダタケは広葉樹の枯れ木やおがくずなどに群生

季節:梅雨時期~秋 / おいしさ度:1

ベニヒダタケは成熟すると傘の裏側のひだが紅色になることが名前の由来です。

傘の経は2~5cmほどで、小型から中型サイズののキノコです。

傘の肉は薄く、色は黄色から淡い黄色またはオレンジ色で、表面は滑らか。形は饅頭型で、湿ると周辺部には条線が見えます。ひだは密で、ツカに離生します。ツカは薄い黄色またはクリーム色で、5cm前後の長さで繊維状です。傘に近い部分より、根元のほうが太くなっています。

ベニヒダタケの肉は表面とほぼ同じ色をしており、味や匂いに特徴は特にありません。味噌汁や炒め物などにするとよいでしょう。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ