ヌメリツバタケモドキ

幼い時は お餅のような姿のきのこ

ヌメリツバタケモドキ キノコ図鑑/調べるヌメリツバタケモドキ キノコ事典/調べる

キシメジ科 ツエタケ属 / 別名・和名:滑鍔茸擬

発生場所:ヌメリツバタケモドキは広葉樹の枯れ木や倒木から束生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ヌメリツバタケモドキはしっとりとしてして、白くて半透明な傘がキレイなきのこです。傘が形は幼い時はつきたてのお餅のようにも見えます。最初は饅頭型で時間が経つにつれ、平らに開いていきます。また、古くなると色が褐色に変色。傷みやすく、表面は粘液で厚く覆われ、触ると柔らかく手にべたつく感じがします。

ヒダは白色で粗く、ヒダとヒダの間は少し間隔があります。

ヌメリツバタケのツカにはツバがあり、こちらも全体的に白色で硬くなっています。肉は表面と同じく、真っ白でやわらかく、味や匂いは比較的薄いです。

また、ヌメリツバタケモドキと似た種としてヌメリツバタケがあり、こちらはヒダが縮れていません。

食用にもなるキノコですが、とても傷みやすので注意が必要です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ