ナラタケモドキ

ナラタケに似たきのこ

ナラタケモドキ きのこ図鑑/事典ナラタケモドキ きのこ図鑑/事典

キシメジ科 ナラタケ属 / 別名・和名:楢茸擬

発生場所:ナラタケモドキは広葉樹の枯れ木、切り株や根の付近などに群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ナラタケモドキはナラタケに姿がよく似たキノコで、カサの表面は繊維状、中央部にツブ状の鱗片があり、そこから周辺部へ長い条線が見られます。また、傘の色は黄褐色~茶褐色です。

ナラタケモドキのヒダはツカに垂生し、ヒダ同士の間隔はやや広く、色は白色~茶褐色。成長すると段々と赤いシミがでてきます。
ツカは傘と同様、表面が繊維状で、色も傘とほぼ同じ色をしています。

肉の色は白色~淡いベージュ色です。

ナラタケとの見分け方は、ナラタケにあるツバが、ナラタケモドキには無いということがあげられます。しかし現在は殆どの地方ではナラタケと区別されていないようです。ナラタケ同様、歯切れや食感は良いのですがダシはあまり出ません。食べ過ぎや生食では中毒を起こすので注意が必要です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ