トンビマイタケ

トンビが舞い降りたような姿の大型キノコ

トンビマイタケ 鳶舞茸 きのこ事典/図鑑トンビマイタケ 鳶舞茸 きのこ事典/辞典

 

サルノコシカケ科 トンビマイタケ属 / 別名・和名:鳶舞茸

発生場所:トンビマイタケはブナなどの木の根周辺に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

トンビマイタケはマイタケと同じように、ヘラ形や扇形の傘が複数重なって株状の形をしているキノコです。成長するとかなり大型のキノコになり、1株で3kgを越すものも珍しくありません。また、ツカと傘の境界は不明瞭で、ツカとして確認できるような部分はほぼありません。

傘の外側のフチの部分は不規則に曲がって波打っており、全体の形は成長すると外側に少し広がって扇形や半円形に変わっていきます。表面には樹木の年輪のような模様とシワがあり、微細な毛が生えています。

傘の色は淡い褐色または褐色で、肉には厚みはありません。

トンビマイタケの傘の裏側にある管孔の部分には白色~薄い黄色で孔口の形は円形。裏側を指などで触ると黒く変色します。

肉の部分は乳白色をしており、幼菌時はやわらかいのですが、成長するにつれて硬くなっていきます。

若いうちは食べることができますが、煮ると黒くなります。食用にはあまり向いていません。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ