ツチカブリ

傷つけると辛い液を出すきのこ

ツチカブリ キノコ辞典ツチカブリ キノコ図鑑

ベニタケ科 チチタケ属

別名・和名:ツチモグリ、ジワリ、土被

発生場所:ツチカブリは広葉樹林、各種林内の地上に発生

季節:夏~秋

おいしさ度:0

ツチカブリの傘は直径8cm~12cm程度で、形は最初は真ん中が窪んだまんじゅう型で、徐々に傘が開いていき、古くなると反り返って漏斗型になります。色は白食で表面に粘性のヌメリはなく、小さな溝が無数にでることがあります。

ツチカブリは成長すると傘の色は白色から薄い黄褐色になり、少し濃い色のシミが表面に発生します。

ヒダの色は白色~クリーム色でややツカに垂れており、極めて密に並んでいます。

ツカは根元の方が上部より細くなっているものが多く、硬く、白色です。肉も表面と同じく白色で非常に強い辛味があります。

また、少し傷をつけると乳液状の白い液がヒダの傷口などからたれてきます。この白い液は分泌量が多く、非常に辛いものです。液を出してもツカ自体は変色しません。

乳状の液が出る白色のキノコのは複数種類ありますが、どれも食すには不適です。ツチカブリもこの種であり、毒キノコでもあるので食さないようにしましょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ