スミゾメヤマイグチ

傷つけると黒くなるキノコ

スミゾメヤマイグチ きのこを調べる 種類スミゾメヤマイグチ きのこを調べる 季節

イグチ科 ヤマイグチ属

別名・和名:墨染山猪口

発生場所:スミゾメヤマイグチは広葉樹林の地上に単生または群生

季節:夏~秋

おいしさ度:不明

スミゾメヤマイグチは傷つけると黒く変色するという特徴を持つきのこです。

傘は初め円錐形をしていますが、成長するにつれまんじゅう型に変化していきます。表面の色は褐色~薄い黄土褐色で、湿気が多い環境では弱いヌメリが出ます。傘の表面は多少のデコボコが見られ、微毛はありません。

傘の裏側にある管孔部分はツカに上生し、色は白色ですが僅かに褐色がかっていることもあります。また、古くなると黒みを帯びてきます。

ツカはグレーから白色をしており、濃いグレーまたは黒色の細かい鱗片が全体に見られ、下の部分ではササクレています。ツカの太さは上部が細く、根元に近づくほど太くなっています。

肉は傘の部分は薄く、ツカは中が詰まっており、色は白色に近いことが多くなっています。

食用になるかどうか不明のキノコです。食すととてもまずいという情報もあり、食べないほうがいいでしょう。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ