スギタケ

傘がササクレで覆われたキノコ

スギタケ きのこ図鑑 事典スギタケ きのこ図鑑 事典

モエギタケ科 スギタケ属

別名・和名:ツチスギタケ、杉茸など

発生場所:スギタケは広葉樹の倒木や切り株、草地などに束生または群生

季節:秋

おいしさ度:1

スギタケの傘は直径が5~10cmほどで、褐色のササクレ状の鱗片に覆われています。傘表面の地の色は薄い黄褐色で、形は若い時は半球形、成長するにしたがい傘が開いていき、最終的には平らになっていきます。成長して平らになっても、中心部がフチ部分より少し高くなっているのが特徴です。

ヒダは成長ともに変色し、最初は淡い褐色、徐々に緑色を帯びていき、最終的には褐色になっていきます。

ツカは上部の方がやや太く、上部に繊維質のツバが見られます。ツバの下部は傘と同様、ササクレ状の鱗片が無数についています。ツカの色は傘と同じような薄い黄褐色です。

スギタケの肉は傘とツバで色が違い、傘の部分は黄白色から淡黄色、ツカの部分は表面と同じかやや濃い黄褐色です。

スギタケは食用とされていますが、アルコールと同時に食べると悪酔いし、また、体質によっては中毒を起こすこともあるので避けたほうが無難なキノコです。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ