シロハツ

直経20cm以上にもなる大型きのこ

シロハツ キノコ事典 図鑑シロハツ きのこ事典 検索

ベニタケ科 ベニタケ属

別名・和名:白初

発生場所:シロハツは各種針葉樹や広葉樹林の地上に群生

季節:夏~秋

おいしさ度:0

シロハツは傘の直径が10cm~15cm前後の大きさのキノコですが、大きいものだと20cm以上になることもあります。夏から秋にかけて国内ではよく見られるキノコです。

傘の形は初めは中心部分が少し窪んだまんじゅう型で、成長すると反り返り器のような形になります。表面はなめらかで色は幼い時は薄い黄土色ですが、成長すると名前通り白い姿に変色します。

シロハツのヒダはツカに垂生し、密にならんでいます。基本的には白色ですが、成熟し古くなると黄土色を帯びていきます。

ツカは長さは2~5cmほどと短めで、上から下までほぼ同じ太さですが、根元部分が少し細くなっています。表面の色は白色で、ヒダとの境目部分は青緑色です。

シロハツの肉は表面の色と同じ白色で、肉質は密で硬さがあります。

なお、シロハツによく似ているキノコとしてアイバシロハツがありますが、そちらはヒダ全体が青緑色になっています。

食べられるきのことされていますが、味は特においしくもなく、毒キノコと間違う恐れもあるので食さないほうがよいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ