シロノハイイロシメジ

ニラのような臭いがするキノコ

シロノハイイロシメジ 白灰色湿地 きのこ事典シロノハイイロシメジ 白灰色湿地 きのこ事典

キシメジ科 カヤタケ属

別名・和名:白灰色湿地

発生場所:シロノハイイロシメジは竹林や混生林などの落葉上に発生

季節:晩秋~初冬

おいしさ度:1

シロノハイイロシメジは様々な木の近く発生し、腐ったニラのような臭いを発することが特徴的なきのこです。

傘の直径は6cm~10cmほどで、初めはカサのフチが内側に巻いていて、成長とともにまんじゅう型になり、最後は皿のように傘が開きます。表面に粘性のヌメリはなく、滑らかで平らで、色は白または乳白色です。

ヒダは傘と同系色でツカに垂生しており、やや密に並んでいます。

ツカは表面に条線が見られ、色は傘やヒダと同系色で根元にいくほど太く、基部は丸く球根状になっています。

シロノハイイロシメジは全体的にややズングリしたイメージのあるキノコであり、その印象の通りに肉は傘、ツカとも厚みがあり詰まっています。

臭いがありますが、良いダシが出るので鍋物や煮込み料理に向いているきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ