シロヌメリイグチ

ヌメリがあり、傷つくと青緑色になるキノコ

シロナメツムタケ きのこ事典シロヌメリイグチ きのこ事典/種類

イグチ科 ヌメリイグチ属 / 別名・和名:白滑猪口

発生場所:シロヌメリイグチはカラマツ林などの地上に群生。

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

シロヌメリイグチは若い時に傷がつくと、青緑色に変色することが特徴的なきのこです。

シロヌメリイグチの傘は直径は5cm~10cmほどで、幼菌時は褐色のゼラチン状の粘液で覆われています。成長するにつれ段々と淡い褐色となり、最後はグレーに似た白色になります。名前に「シロ」が付きますが、シロヌメリイグチは古くならないと白くなりません。

傘の裏にあるシロヌメリイグチの管孔はツカに直生または垂生しており、こちらは傘とは逆で、最初が汚白色で後に褐色へと変色していきます。

ツカにも傘と同じく表面にヌメリがあり、繊維質です。ツカは根元付近がやや太くなっています。また、ツカの上部には白色のツバがあり、ツバよりも上は汚白色、ツバより下の部分は薄い黄褐色を帯びています。

肉は傘もツカも詰まっており、ツカの部分は黄色を帯びた褐色で、他の部分は白色です。

シロヌメリイグチは肉が柔らかく傷みやすいので、若いものを新鮮なうちに調理するとよいでしょう。味は多少苦味がありますが、ヌメリを活かして和え物などにするのがおすすめです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ