コガネタケ

 黄金色をしたキノコ

コガネタケ きのこ事典/種類コガネタケ 黄金茸 キノコ図鑑

カブラマツタケ科 コガネタケ属 / 別名・和名:キナコタケ、黄金茸など

発生場所:コガネタケは道端、草地、庭先、林地などの地上に発生。

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

コガネタケは全体が黄金色や「きなこ」のような色の粉に覆われたキノコです。表面の粉はすぐに取れるので手につきやすくなっています。

傘は直径が5~18cm程度で、粉の下の表皮は粉の色より淡い色をしています。傘は若い時は半球型で、成長とともに開き中心部に丸みは残したままです。また、幼い時は傘の表面にシワがでている個体もあります。

ヒダは上生または離生し、密に並んでおり、幼菌時は淡黄色、成長するにつれて色が濃くなり、黄土色になっていきます。

ツカの太さは上から下までほぼ同じで、根元の部分は少しだけ太くなっています。傘と同様に黄金色の粉に覆われ、上部にツバが残り、ツバの色は最初は黄白色で後に黄褐色になります。

肉は白色または薄い黄土色で、コガネタケに特有の汗臭いようなにおいがします。

コガネタケは粉を落とせば食用になりますが、まれに胃腸系の中毒を起こす場合があるので食べ過ぎには注意が必要です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ