コウモリタケ

 コウモリが飛ぶ姿に見えるきのこ

コウモリタケ きのこ事典 種類コウモリタケ きのこ事典/種類

ニンギョウタケ科 ニンギョウタケモドキ属 / 別名・和名:蝙蝠茸

発生場所:針葉樹、広葉樹が混ざる混生林地上に単生または群生

季節:秋 / おいしさ度:0

コウモリタケは飛んでいるコウモリのような形をしていることから名付けられたきのこです。色はコウモリとは違い、鮮やかな黄色や薄い黄色で、マイタケに似たような形状をしています。

コウモリタケは根元から複数のツカが伸びており、ツカの先に扇型をした傘が多数広がっています。全体の大きさは3~20cm程度で、表面は鱗片状であり、厚みは2~3cmほどです。

菅孔は幅が狭く、長くツカに垂生しており、まれにツカの根元部分にまで及んでいます。基本的には白色ですが、成長すると茶褐色のシミが増えてきます。

ツカは根元部分から複数に枝分かれし、全体に広がっています。

肉は白色で薄くてもろく、簡単に壊れてしまいます。

コウモリタケは毒成分は確認されていませんが、食感も良くなく味はとても辛いため、食用には不向きなきのこです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ