キヌメリガサ

採るのが大変で根気がいるキノコ

キヌメリガサ きのこ事典/図鑑 検索キヌメリガサ きのこ検索 調べる

ヌメリガサ科 ヌメリガサ属 / 別名・和名:コンキタケ、コキンタケ、黄滑傘など

発生場所:キヌメリガサはカラマツ林などの針葉樹林の地上に群生

季節:晩秋~初冬 / おいしさ度:1

キヌメリガサは粘性が強いヌメリがあり、落ち葉や土が付いて採りづらく、根気がいるため「コンキタケ」とも呼ばれるきのこです。また、小さく金色に近い外見なので小金茸「コキンタケ」という別称もあります。

傘は直径が2~6cmほどで、レモン色または鮮やかな黄色をしています。形は初めまんじゅう型で成長するにつれ開き、最終的には平らに近い形になります。

ヒダは成長時にはツカに垂れており、色は淡い黄色で、ヌメリのある皮膜に覆われています。

ツカは5~10cmほどの長さで、色は白色~淡い黄色です。また、ツカは粘性のあるクモの巣状の膜に包まれています。この皮膜は、幼い時に傘のフチからツカの上部につながっていたものです。ツカは中が空洞になっています。

肉は白色で柔らかく、匂いはほとんどありません。

キヌメリガサは食用ですが、味や香りは無味無臭で際立った特徴はありません。色がきれいなため、その鮮やかな黄色を利用して調理されることが多いキノコです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ