カラカサタケ

高さ50cm以上になることもある大きなキノコ

カラカサタケ 唐傘茸 きのこ図鑑/ナビカラカサタケ きのこナビ/図鑑

ハラタケ科 ハラタケ属 / 別名・和名:キジタケ、ニギリタケ、オシコンボ、唐傘茸など

発生場所: カラカサタケは林内、草地、道ばた、竹藪などの地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

カラカサタケは背が高く、大きいものでは50cm以上、傘の直径が20cm以上にもなる、唐傘に似た姿をしたキノコです。傘は握っても元に戻ることから、「ニギリタケ」との別名もあります。

傘の表面は淡い褐色で、中方部分には濃褐色の細かいササクレが散らばっています。傘の形は幼い時は卵形で、成長すると開きカラカサのようになります。

カラカサタケのヒダの色は白で、緻密に規則的に並んでいます。

ツカの部分は細く、上部から下部まで同じ太さで棒状に長く伸びています。ツカの内部は空洞で、上部には白いツバがあり、色は褐色で細かい模様が見られます。

カラカサタケの肉は白色で匂いはほとんどありません。

加熱すれば食べられますが、生食では中毒を起こすので注意が必要です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ