カヤタケ

  杯(さかずき)のような形をしたきのこ

カヤタケ 茅茸 キノコ事典/辞典カヤタケ 茅茸 きのこの種類

キシメジ科 カヤタケ属 / 別名・和名:茅茸

発生場所:カヤタケは雑木林や草地などに単生または群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

カヤタケは傘の形が特徴的で、杯やカップのような姿をしたキノコです。

傘は3~10cm程度で、色は薄いオレンジ色や肌色~薄い赤茶色で、フチの周辺は白っぽくなっています。形は初め丸い山形、成長にともない中央部に窪みのあるまんじゅう型となり、最後は反り返って漏斗型やカップのようなかたちになります。また、中央部分には細かい鱗片状のササクレがみられることもあります。

ヒダはツカに大きく垂生しており、色は白色で、密に並んでいます。

カヤタケはツカは長さが3~7cm程度で、上から下までほぼ太さは変わりません。ツカの色は傘と同系色で、基部は白色の綿毛状の菌糸で覆われています。

肉は傘の部分は厚みがありますが、ツカの部分は薄く、色は白色で匂いはほとんどありません。

カヤタケはドクササコやホテイシメジと外見がよく似ており、間違われやすいため注意が必要です。

以前は食用とされてきましたが、近年、弱い毒成分が確認されました。そのため、大量に食べることは避け、必ず十分に火を通してから調理するようにしましょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ