オニナラタケ

 傘に黒いトゲががあるキノコ

オニナラタケ 鬼楢茸 キノコ図鑑/辞典オニナラタケ 鬼楢茸 キノコ図鑑/事典

キシメジ科 ナラタケ属 / 別名・和名:鬼楢茸

発生場所:オニナラタケは針葉樹や広葉樹の切り株や枯れ枝などに群生

季節:秋 / おいしさ度:1

オニナラタケは傘の表面にある鱗片状の黒いトゲトゲが特徴的なきのこです。

傘は直径が4~10cmほどで、形は初めまんじゅう型で成長とともに丸みを帯び、最後は平らに開いていきます。表面の色は淡い褐色または濃い褐色で、トゲは中央付近により多く見られます。

ヒダは密に並び、色は最初は白色ですが、成長につれ濃い赤褐色のシミが全体に広がっていきます。

オニナラタケのツカには淡い灰褐色の微毛があり、太さは上部も下部もほぼ変わりません。ツカの上部には比較的大きなツバも見られ、このツバはフチが濃い色をしています。

肉は表面の色とは異なり、白色で匂いは特にありません。

オニナラタケはナラタケと外見が似ていますが、ナラタケよりも全体的に太く、がっしりとした印象です。

食用も可能ですが、食べ過ぎには注意してください。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ