オトメノカサ

乙女の傘のように小さなきのこ

オトメノカサ 乙女傘 きのこ事典/辞典オトメノカサ 乙女傘 きのこ事典/辞典

ヌメリガサ科 オトメノカサ属 / 別名・和名:乙女傘

発生場所:オトメノカサはカラマツなどの針葉樹林、広葉樹林、草地などの地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

オトメノカサは、その名前のとおり小さくて可愛らしい姿のキノコです。夏から秋にかけて主にカラマツ林や雑木林に発生します。

傘の直径は1~4cm程度で、色は白~乳白色をしており、若いときはまんじゅう型で中央部分が盛り上がり、成長とともに傘は平らに開き、色も中央部が薄い褐色を帯びていきます。

ヒダは白色でツカに垂生し、並び方は粗くなっています。

オトメノカサのツカは傘と同じ白色~乳白色をしており、上部よりも根元の方が少し細くなっています。

肉は白色で、特徴的な匂いはありません。

オトメノカサはクセが無く淡白な味で、幅広い料理に利用されます。採る際にはシロヒメカヤタケなど、よく似た有毒きのこがあるので注意が必要です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ