ススケヤマドリタケ

煤(スス)のように黒く、おいしいキノコ

ススケヤマドリタケ キノコ事典 写真ススケヤマドリタケ キノコ事典 調査

イグチ科 ヤマドリタケ属

別名・和名:煤山鳥茸

発生場所:ススケヤマドリタケは主にマツなどの針葉樹林の地上に発生。

季節:夏~秋

おいしさ度:2

ススケヤマドリタケはその名のとおり、全体が煤(スス)のように黒に近い焦げ茶色をした大きいキノコです。

傘の直径は6~15cm程度で、まれに20cmほどの大型のものもあります。傘の形は初め丸い半球型で、成長とともにまんじゅう型となり、最後は平らになっていきます。色は焦げ茶色で、表面はビロードのような質感があり、湿気のある場所ではヌメリがでます。

カサの裏側にある管孔の色は薄い黄色~黄褐色で孔口は幼菌時には白色の菌糸で塞がれています。

ススケヤマドリタケのツカは傘と同系色で網目の模様があり、根元に近い部分はやや白みがかっています。また、根元の方が太い個体が多いようです。

肉は表面の色とは違い白色に近い色です。

ススケヤマドリタケは風味が濃厚でおいしいキノコとして知られています。特に洋風の料理と相性がいいようです。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ