ヤマドリタケモドキ

高級食材のポルチーニ茸に近い種類で美味しいきのこ

ヤマドリタケモドキ きのこ図鑑/事典ヤマドリタケモドキ きのこ図鑑/事典

イグチ科 ヤマトリダケ属 / 別名・和名:山鳥茸擬

発生場所:ヤマドリタケモドキはブナ科の広葉樹の林の中や混生林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:3

ヤマドリタケモドキは笠の直径が12cm以上にもなる大きめのキノコで、表面の色はわかいうちはやや暗めの褐色をしており、成長すると黄褐色またはオリーブ色を帯びた褐色になります。表面がとてもなめらかなキノコです。

カサの形は幼い時はまんじゅうのような半球形で、成長すると丸みを保ったまま平らに開いていきます。また、とても肉厚のキノコで、湿度が高い場所では表面に粘性のヌメリが出ます。

ヤマドリタケモドキのカサの裏にある管孔はツカに直生し、色は薄い黄色またはオリーブ色のような褐色をしています。

また、孔口の形は丸く、小さいものとなっています。幼い時は孔口の部分は白色の菌糸でふさがれています。
根元に近づくほど太くなっており、表面の色はカサの色とほぼ同色、又は少し白みがかった色をしています。また、ツカ全体がまだらな網目模様におおわれている事も特徴的です。

ヤマドリタケモドキの肉は表面の色とは異なり、白色で乾燥すると独特の香りが出てきます。高級キノコのポルチーニに風味が似ていて、パスタやリゾットなど洋風料理に向いています。乾燥させると風味が増し、長期保存可能です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ