ムラサキヤマドリタケ

紫色をした格別に美味しいきのこ

ムラサキヤマドリタケ おいしいきのこ/事典ムラサキヤマドリタケ きのこ図鑑/事典

イグチ科 ヤマドリタケ属 / 別名・和名:紫山鳥茸

発生場所:ムラサキヤマドリタケはブナ科の広葉樹林の草地や混生林の地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:3
ムラサキヤマドリタケは外見は少々グロテスクですが、しっかりとした肉質で味や風味が格別に良いことで知られるキノコです。

ムラサキヤマドリタケの傘は直径が5~15cm位の大きさで、幼い時は饅頭型、成長過程で傘が平らになるまで開きます。

表面の色は名前の通りに紫色ですが、クリーム色が混じるものや全体的にクリーム色のものも稀に出る事があります。また、湿気が多い環境においては表面にヌメリが見られ、基本的には平滑ですが、しばしば不規則にボコボコした形状になったものも見られます。

管孔の色は幼いときは白色ですが、段々と黄色みを帯びていき最後には黄褐色に変色していきます。

傘の裏の孔口は幼い時には白色の菌糸で覆われていますが、時間が経つと管孔と同じように変色し、形は円形で小さいです。
ツカは5~9cmほどで、表面の色は紫色で太さは上から下までほぼ同じで変わりません。カサの色がクリーム色の個体であった場合は赤みを帯びた紫色になっています。白っぽい色の隆起した網目模様がツカ全体を覆っています。
ムラサキヤマドリタケは洋風の煮込み料理などにすると、良い歯ごたえや旨みがあり最高においしいといわれています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ