ムラサキフウセンタケ

濃い紫色をした食用きのこ

ムラサキフウセンタケ 紫風船茸|きのこ辞典ムラサキフウセンタケ 紫風船茸|きのこ辞典

フウセンタケ科 フウセンタケ属 / 別名・和名:紫風船茸

発生場所:ムラサキフウセンタケはブナやコナラなどの広葉樹林の地上に発生

季節:秋 / おいしさ度:2

ムラサキフウセンタケは濃い紫が特徴のきのこで、少しグロテスクな色ですが、食用とされています。

傘の大きさは5~12cm程度の直径で、初めは半球型で段々と傘が平に開いていきます。傘の表面は細かいササクレが全体を覆っていてビロード状になっています。古くなると灰褐色のような色に変色し、ヌメリなどは見られません。

ツカは長さが7~10cmほどで、表面は傘と同様にビロード状で細かくササクレています。

ムラサキフウセンタケは傘もツカも肉が詰まって、多少苦みはあるものの、おいしいと言われているきのこです。ただ、発生する数が多くなく、きのこ狩りの対象とすることは難しいようです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ