ムキタケ

その名の通り、皮が簡単にむける美味しいきのこ

ムキタケ きのこを調べる/図鑑ムキタケ きのこナビ/事典

キシメジ科 ワサビタケ属 / 別名・和名:剝茸

発生場所:ムキタケはブナやミズナラなどの広葉樹の枯れ木や倒木に重なるように発生

季節:秋 / おいしさ度:3

ムキタケは傘の表面の下にゼラチン層があり、皮がむきやすいために「剝き(ムキ)タケ」の名がついたと言われています。よくダシが出て、美味しいことで知られるきのこです。

ムキタケの傘は直径が3~15cmほどで、色は基本的には薄い黄褐色ですが、稀に紫色や緑がかったものも見られます。半円形の形をしており、表面には微毛が密生していて、その内側にゼラチンの層があります。

ヒダはカサの色よりやや白っぽい黄褐色をしていて、ビッシリと密に並んでいます。

ムキタケのツカは傘と同じような淡い黄褐色をしていて、表面にも微毛が生えています。また、長さはかなり短く、直径は太い。成長するにしたがって更に短くなります。
肉は色は白色で柔らかく、匂いは特にありません。

毒キノコとして有名なツキヨタケと見た目が似ている為、混同してしまうこともありますが、ツキヨタケは内部に黒いシミがあり、ツカにもツバが見られます。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ