マツオウジ

香りが良く美味しいきのこ

マツオウジ 松旺子 きのこナビ/辞典マツオウジ 松旺子 きのこナビ/辞典

ヒラタケ科 マツオウジ属 / 別名・和名:松旺子

発生場所:マツオウジはマツ科の枯れ木や倒木など、針葉樹の古幹に多く発生

季節:初夏~初秋 / おいしさ度:2

マツオウジは肉質が硬くしっかりとしていて、香りや味も良いきのこです。ただし天然のものは苦味が強いものもあり、中毒を起こすこともあるので食べ過ぎに注意が必要です。

マツオウジの傘は直径が5~25cmほどで表面の色は象牙色~淡い黄褐色です。大型で色の薄いシイタケのような姿をしています。また、松ヤニのような独特の臭いがあります。

傘は鱗片が放射状に全体を覆っており、フチの部分は割れた状態になていることもあります。形は幼い時はまんじゅう型で、次第に傘が開いていき、平らになった後、最後には反り返ります。

白色のヒダがあり、ツカに垂れる事が多くあります。ヒダのヘリがノコギリの歯のようにギザギザになっていて、これがマツオウジの特徴になっています。

ツカは硬く、上部、下部とも同じような太さです。色はヒダとほほ同色で表面にはササクレ状の褐色の鱗片が根元に近づくにつれ多くあります。基部には根のような菌糸の束が生えており、材の中に深く入り込んでいます。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ