マイタケ

スーパーでお馴染みのキノコ。天然ものはとても高価。

マイタケ 舞茸 きのこの名前/種類マイタケ 舞茸 きのこ事典/図鑑

サルノコシカケ科 マイタケ属 / 別名・和名:舞茸

発生場所:マイタケはブナ科のコナラなどの落葉広葉樹の枯れ木に発生

季節:秋 / おいしさ度:3

野生のマイタケは、毎年、同じ木の同じ場所に生えることが少なくありません。見つけた人は他人に決してその場所は明かさないといわれるほど貴重なきのことして知られています。

マイタケは基部から太いツカが分岐して広がり、先端がヘラ状から半円形の傘となります。それがいくつも重なり合って数十センチクラスの大型の株を形成しています。大きいサイズのものでは1株が10kg以上になるものも。

マイタケはよくスーパーなどで売られていますが、そのほとんどは栽培物です。野生のマイタケは日本全国で採れますが、その数は非常に少なく、とても高価なキノコとなっています。

マイタケの傘は薄く、色は若いうちは黒褐色で成長すると徐々に淡い黄褐色に変化していき、形状は全体的に不規則に波をうったような形をしています。

日本以外にも世界中の温帯地域でのナラやカシ、シイなどのブナ科の木に生えています。

肉の部分は白色で緻密。味はマイタケ特有の味です。歯ごたえが良く、香りもあるため様々な料理に利用されるキノコです。特に天然ものの風味や食感は格別とのこと。

近年、マイタケの免疫力向上作用や抗がん作用が注目を浴びています。体内の異物と戦う免疫細胞のマクロファージや、NK(ナチュラルキラー)細胞などを活性化してガンを抑制する仕組みです。さらにマイタケには抗エイズ作用もあり、代替医療食品として、アメリカでは患者への臨床試験が進行中のようです。

マイタケの効果・効能についてはこちら 代替医療ナビ.com

きのこナビ TOP

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ