ホンシメジ

昔から「香りマツタケ、味しめじ」と称されるキノコ

ホンシメジ 本湿地 きのこを調べる/名前ホンシメジ 本湿地 きのこを調べる/名前

キシメジ科 シメジ属 / 別名・和名:本湿地

発生場所:ブナやニレ、サワグルミなどの広葉樹の切り株や倒木に発生

季節:秋 / おいしさ度:3

「香りマツタケ、味シメジ」。この場合のシメジとはホンシメジのことで、古くから味のよいきのこの代表として知られてきました。

ホンシメジの傘は直径が2~8cmほどで、幼菌時は縁に内に巻いていて、色は黒褐色。成長するにつれて色が薄くなり、淡灰褐色になり、カサの形も段々と開いていきますが、平らにはならず上部の丸みは残ります。

ヒダはやや密になら並んでおり、色は白色から淡いクリーム色でツカに湾生から直生しています。ツカは長さが4~10cm根元にいくほど太くなっていて、表面の色はほぼ白色です。

肉は全体的に白色でヒダとカサの境目の部分は淡灰色をしています。胞子紋は白色。

私たちが普段スーパーで購入するシメジは「ブナシメジ」をオガクズなどで栽培したものが多く、ホンジメジとは菌種の違うものです。また、ホンシメジとブナシメジでは形も異なり、味には格段の差があるようです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ