ホウキタケ

サンゴやホウキのように細かく枝分かれするキノコ

ホウキタケ 箒茸 きのこ図鑑/事典ホウキタケ きのこ図鑑/事典

スッポンタケ目ホウキタケ科 / 別名・和名:ネズミタケ、箒茸

発生場所:広葉樹、針葉樹の混生林地上付近に発生

季節:秋 / おいしさ度:2

ホウキタケは高さが10cm25cmほどで、太さのある根元部分からホウキや珊瑚のように複数に枝分かれ、先端部分では更に細かく分岐しています。

先端部分は淡い赤色で、成熟するとグレーに変色していきます。先端以外の部分は白から乳白色をしています。

日本では古くから親しまれてきたキノコで、火を通すとプリプリした食感になり、風味も良く美味しいことで知られています。

ホウキタケと外見が似ている「ハナホウキタケ」「キホウキタケ」が共に毒キノコであるため、食べる際には注意が必要です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ