ブナハリタケ

ブナ倒木に大量に群生し、香りが強い食用きのこ

ブナハリタケ きのこ事典/種類ブナハリタケ きのこ事典/種類

エゾハリタケ科 ブナハリタケ属 / 別名:シシタケ、かぬか、ブナかぬか

発生場所:ブナハリタケは、主にブナの倒木や枯れ木などに大量に群生

季節:秋 / おいしさ度:2

ブナハリタケは一ヵ所に大量に群生することが多く、独特の甘い香りを放ちます。そのため、ブナの森林内で見つけることが容易なキノコとされています。

ブナハリタケの傘は白から乳白色で、表面はなめらかでヌメリなどはなく、直径は約5cmほどの大きさです。姿は扇形や半円形、または貝殻のようであり、フチの部分は波打った不定形で多くが重なりあっています。

傘の裏の部分は、その名前の通り、3ミリ~1センチほどの細かなハリのような突起が無数に密生しています。

肉は白色、乳白色、または淡い黄色。水気に富み、採るとずっしり重い感じがします。

ブナハリタケは食べるとしっかりとした歯ごたえがあり、肉のような食感もあります。煮物や鍋物、汁物、炒め物と様々な料理に利用されます。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ