ブナシメジ

「しめじ」の名で販売される 家庭料理の定番きのこ

ブナシメジ きのこの名前/種類ブナシメジ きのこの名前/種類

 

キシメジ科 シロタモギタケ属 / 別名・和名:ホンシメジ

発生場所:ブナシメジはブナやカエデなどの広葉樹の切り株などに発生

季節:秋 / おいしさ度:2

ブナシメジのカサは直径が約2~3cmで、色は白褐色から淡黄褐色または薄い茶褐色。表面は大理石のような模様がでる事もあり、外観的には全体にしっとりとして水分が多い印象です。傘の形は幼いときは饅頭型で、成長につれ段々と平らになっていきます。

ヒダは大小ありますが密に並んでおり、色は白色。大きなヒダと小さなヒダが混ざり合っています。ツカは白色でしっかりしており、根元に近づくにつれてやや太くなっています。基部には白色の菌糸が見られます。
ブナシメジの肉の色はツカと同じく白色で、内部もしっかり詰まっています。

ブナシメジの栽培品はスーパーや生鮮食品店で多数販売されており、様々な料理に利用できる、家庭料理の「きのこの定番」とも言える存在です。このブナシメジが「ホンシメジ」の名前で販売されている事も少なくないようです。天然のものは栽培品と比べて傘の色が白くなる傾向があります。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ