フユヤマタケ

名前通り「冬の山」に発生するキノコ

フユヤマタケ 冬山茸 きのこの種類/事典フユヤマタケ 冬山茸 きのこの種類/事典

ハラタケ目 ヌメリガサ科 / 別名・和名:冬山茸

発生場所:フユヤマタケはマツなどが混ざる森や林の地上に発生

季節:秋の終わり~初冬 / おいしさ度:2

フユヤマタケはその名前が表すように、冬のあいだ、小雪が舞う頃になっても見ることができるキノコです。その時期には他に間違うようなフユヤマタケ似たキノコは発生しません。

フユヤマタケの傘の直径は2~4cmと小型サイズです。色は薄い黄色から黄色味を帯びた褐色で、中心部は茶褐色です。湿度が高い環境のときはナメコのような粘性のヌメリが出ることがあります。

ヒダは白色から乳白色で、密に並んではいません。成長するとヒダがツカに垂れてくる場合もあります。ツカは基本的に白色ですが一部クリーム色に近い色をしています。ツカの長さは2~7cmほどで、その太さは上部、下部ともあまり変わりません。

フユヤマタケは美味しい食用きのこです。寒くなった季節に鍋物や汁物などにして食べるといいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ