ヒラタケ

どんな料理にも合う味のキノコ

ヒラタケ 平茸 きのこの名前/種類ヒラタケ 平茸 きのこの名前/種類

ヒラタケ科 ヒラタケ属 / 別名:カタヒラ、ワカエ、カタハ、カンタケなど

発生場所:ヒラタケは広葉樹の切り株や枯れ木、倒木などから重なるようにして発生

季節:一年中 / おいしさ度:3

ヒラタケは食用として国内では古くから美味しいきのことして親しまれており、平安時代の「今昔物語」にも登場しています。ほとんど季節を問わず、ほぼ一年中発生するきのこです。街路樹や庭木などの身近な場所にも発生しやすく、環境適当能力が高いことが特徴です。

ヒラタケの傘の大きさは5cm~20cmほどで、色は明るい褐色をしており、姿形は幼菌時はまんじゅう型、成長するにつれて傘が開き、貝殻型や半円型に変化していきます。幾重にも重なり、大きなかたまりとなって1株が5キログラム以上のものも見られます。

ヒラタケのヒダの部分はやや密に並んでいて、色は白色から淡灰色。ヒラタケの短いツカは傘の端のほうについているため、その特徴から「カタハ」と呼ぶ地域もあります。また、寒い時期にも見られることから「寒茸/カンタケ」との別名もあります。ツカの大部分にはヒダが垂れています。

肉はツカと同じく白色で美味とされ、匂いは強くありません。

ヒラタケは鍋物、天ぷら、煮物、焼き物など、どんな料理にも相性がよく、幅広く利用できます。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ