ハナイグチ

キノコ狩りでよく採られる、美味なキノコ

ハナイグチ 花猪口 きのこの種類ハナイグチ 花猪口 きのこの種類/名前

ヌメリイグチ科 ヌメリイグチ属 / 別名:花猪口、ジコボウ、ラクヨウモタシなど

発生場所:ハナイグチはカラマツなどの針葉樹林の地上に群生

季節:初秋~秋 / おいしさ度:3

ハナイグチは群生するので、キノコ狩りで一度にたくさんの収穫量が期待できます。また、初秋にハナイグチが出始めると本格的なきのこシーズンが始まった合図とされ、採取できる地域ではこの期を境にキノコの話題が多くなるといいます。

ハナイグチは赤から茶褐色を帯びた傘を持つキノコで、直径は4~15cmほど。傘の形は若いうちは丸い形をしていて、成長すると平らになり、古くなると皿状に反り返ってきます。ツカにはツバがあり、ツバよりも上の部分は淡い黄色、ツバよりも下は褐色をしています。

内部の肉は淡い黄色~淡い褐色をしており、湿度の高い場所では傘の部分にヌメリがでて、表面にツヤが見える状態になります。

濃厚な風味があり、純和風の味つけに合う美味しいきのこで、様々な料理に利用できます。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ