ハタケシメジ

ホンシメジと同様に美味なキノコ

ハタケシメジ 畑湿地 キノコ辞典ハタケシメジ 畑湿地 キノコ辞典

 

シメジ科 シメジ属 / 別名・和名:畑湿地

発生場所:ハタケシメジは畑や道端、草地、庭、公園などの地上から束生

季節:春~秋 / おいしさ度:2

ハタケシメジは森以外の場所で発生することが多いキノコです。傘の直径は3~10cm、表面の色は淡いグレーから褐色で細かい繊維状の紋様があります。形は幼い時は半円形またはまんじゅう型で、成長すると平らに開き、中央が若干くぼんだ形になります。また、成長したものは縁が波打ちはじめ、湿気を帯びても粘性のヌメリ気はでません。

ヒダは白色で密に並んでおり、直生又は湾生で、少し垂れていることもあります。

ハタケシメジのツカは長さは3~10cmほどで、色は白色または傘と同系色で、根元に付近ほど太くなっています。表面は繊維状で基部からは菌糸が地中にもぐり、埋もれた枯れ木などにつながっています。

肉は白色で肉厚。匂いはさほどありませんが、噛むとシャキシャキとした歯ごたえでホンシメジに引けをとらない風味があり、ご飯、炒め物、鍋物など、多くの料理に利用できます。

最近、ハタケシメジは人工栽培品が生鮮品売場にも並んでおり、そちらは傘があまり大きくないものが多いようです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ