ノボリリュウタケ

ヨーロッパでは人気の食用キノコ

ノボリリュウタケ 昇龍茸 きのこ事典/辞典ノボリリュウタケ 昇龍茸 きのこ事典/図鑑

ノボリリュウタケ科 ノボリリュウタケ属 / 別名:昇龍茸、ヘルブストロルシェル

発生場所:ノボリリュウタケはさまざまな種類の林内、庭や公園などに発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

ノボリリュウタケは傘のようなものはなく、頭部は不規則にデコボコした形をしており、色は薄いグレーで、成長するにつれ段々と白色が強くなっていきます。表面には胞子のできる袋が並んでいて、縁の部分は切れ込んだり、波打ったりしています。

ノボリリュウタケのツカの色は頭部とほぼ同じ色で太さは上から下までほぼ同じですが、根元付近ほど太くなっていきます。表面には深い溝が縦に複数入っており、中身は空洞です。

肉は全体的に薄く、肉と呼べる部分は少ないのですが、弾力があり、表面とほぼ同じ色をしています。

ヨーロッパではノボリリュウタケはヘルブストロルシェルという名前で呼ばれ、シャキシャキした食感で人気の食用キノコです。ただし、生で食べると中毒を起こすので必ず火を通してから食べるようにしてください。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ