ヌメリスギタケ

ナメコに似た味のきのこ

ヌメリスギタケ 滑杉竹 きのこ図鑑/事典ヌメリスギタケ 滑杉竹 きのこ図鑑/事典

モエギタケ科 スギタケ属 / 別名・和名:滑杉茸

発生場所:ヌメリスギタケは広葉樹の枯れた幹、倒木、切り株などに群生

季節:春~秋 / おいしさ度:2

ヌメリスギタケの傘の直径は約5cmで鮮やかな黄褐色をしており、フチに近い部分はやや薄い色をしています。形は幼い時はまんじゅう型で、成長すると段々平らに開きます。表面はゼラチン質の鱗片に覆われています。

ヒダは幼菌時は淡い黄色または白色をしていますが、成長するにつれて褐色になり、ツカに直生していきます。

ヌメリスギタケのツカの長さは510cmほどで、表面に無数の柔らかい綿毛のようなササクレが見られます。湿った場所ではその名前の通りにヌメリがでます。

食用キノコですが、似ているキノコとして「スギタケ」や「スギタケモドキ」などの毒キノコが存在している為、食べる場合は注意が必要です。

ヌメリスギタケの味はナメコに似ているので、汁物、鍋物、そば、おろし和えなどに合うでしょう。

尚、スギタケはヌメリがなく、スギタケモドキはカサの表面のササクレがトゲのように尖っているなどの違いがあります。

また、その他の似ているキノコとして、「ヌメリスギタケモドキ」があります。こちらはツカの部分にヌメリがないなどの違いがあります。尚、ヌメリスギタケモドキはヌメリスギタケと同様に、食用可能なキノコなので特に問題はありません。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ