ヌメリスギタケモドキ

スギタケ属で、大型のものは15cm以上になるキノコ

ヌメリスギタケモドキ 滑杉竹擬 キノコを調べるヌメリスギタケモドキ 滑杉竹擬 キノコ写真

モエギタケ科 スギタケ属 / 別名:滑杉茸擬

発生場所:ヌメリスギタケモドキは広葉樹の枯れ木に束生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

ヌメリスギタケモドキはヌメリスギタケによく似たキノコですが、ヌメリスギタケと違ってツカの部分に粘性のヌメリがありません。

傘の直径は大きいものであれば15cmを超え、表面の色は黄色から黄褐色、中央部分は縁の部分より色が濃くなっています。形は幼い時は半球型かまんじゅう型で、成長すると傘が開き、段々と平らになっていきます。また、表面には先の尖った鱗片が見られ、傘の中心部よりも外側に多くあります。

ヒダの部分はツカに直生し、密に並んでいて幼菌時は淡い黄白色でそこから色が濃くなっていき、最終的には鉄サビ色に変色していきます。

ヌメリスギタケモドキのツカには不完全で消失しやすいツバがあり、ツバを境にして色や表面の質感が異なり、上の方は黄白色で滑らか、下の方は黄色から赤褐色で鱗片に覆われています。ツカにヌメリはありません。

肉は厚みがありしっかりとしています。

食用で美味しいきのこですが、ツカは硬いので取り除いたほうが無難です。傘の部分を味噌汁や鍋物、佃煮などにするとよいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ