ヌメリササタケ

強いヌメリを持つ風味あるきのこ

ヌメリササタケ 滑笹竹 きのこ辞典/検索ヌメリササタケ 滑笹竹 きのこ辞典/事典

フウセンタケ科 フウセンタケ属 / 別名:滑笹茸、ヌルリンボウ、アメンボウなど

発生場所:ヌメリササタケは針葉樹または広葉樹の林の中などの倒木や切り株から群生

季節:秋 / おいしさ度:2

ヌメリササタケの傘は直径が3~10cmほどで、形は幼菌時はまんじゅう型、成長すると徐々に傘が開いていき、つりがね型となり、最終的には平らになって反り返ります。傘の色は黄土色からグレーで中央部分は色が濃く、縁の部分はやや白くなっています。湿気が多い場所では全体が大量のヌルヌルした粘液で覆われています。また、表面にはシワのような模様が見られます。

ヒダはツカに直生または上生しており、色は黄土色で若いときはやや紫色を帯びていますが、成熟すると錆色に変色していきます。
ヌメリササタケのツカは上方に真直ぐに伸びていることが多く、硬さがあり、太さは上部から基部までほぼ同じです。また、ツカにも傘と同じようなヌメリが見られ、きれいな青紫色をしています。

肉は傘の部分は白っぽい色をしていますが、ツカの部分はほぼ表面の色と同じで淡い青紫色をしています。

地域によってはズコンボウ、ヌルリンボウ、アメンボウなどと呼ばれ、食用として広く親しまれています。油のような強いヌメリと、硬く、ゴリゴリした歯ごたえが鍋物、汁物、煮物などによく合います。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ