ヌメリイグチ

ヌメリが特徴的なきのこ

ヌメリイグチ きのこを調べる 図鑑ヌメリイグチ きのこを調べる 辞典

イグチ科 ヌメリイグチ属 / 別名:滑猪口、ラクヨウ、ジゴボウなど

発生場所:ヌメリイグチはマツ林やマツのある公園、庭などの地上に群生。

季節:夏~晩秋 / おいしさ度:2

ヌメリイグチは傘の直径が310cmほどのキノコで、その名の通り、湿気が多い環境の場合は表面全体が強いヌメリに覆われています。

幼菌時は傘の下の面が、白く薄い膜に覆われていますが、成長する過程で傘が開くことでこれは破れていきます。傘の形は幼い時は半球型で成長すると徐々に平らに開き、最終的には反り返ります。色は黄褐色~赤褐色またはチョコレート色です。

傘の裏側である管孔部はの色は淡いレモン色または黄褐色です。

ヌメリイグチのツカは長さが410cmで、根元から上部までほぼ同じ太さです。ツカの上部には消えやすい膜質のツバがまれに見られます。また、ツカの表面の色は白色からレモン色で、やや濃い色をした細かい点状模様にツカ全体が覆われています。

肉の色は傘の部分は淡い黄色で、ツカはそれよりも濃い色をしています。

食用キノコでおいしいのですが、体質によっては食べ過ぎると中毒を起こします。必ず加熱してから食べるようにしてください。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ