ナラタケ

全国的に有名で人気の食用キノコ

ナラタケ 楢茸 きのこ事典/調べるナラタケ 楢茸 きのこ事典/名前

タマバリタケ科 ナラタケ属 / 別名・和名:ボリボリ、オリミキ、アマンダレ、楢茸など

発生場所:ナラタケは広葉樹の枯れ木や切り株などに群生または束生

季節:春~秋 / おいしさ度:2

ナラタケは地域によってその呼び名が違います。ボリボリ、ナラモタセ、オリミキ、アマンダレ、薮太郎など様々な別称で呼ばれていて、全国的に人気の食用キノコです。

傘の直径は415cmで色は淡褐色~茶褐色。傘の表面の外側には条線が見られ、形は幼菌時は中央がやや高いまんじゅう型、成長すると傘は開いていき最後には平らになります。傘の中央部には粒状のササクレが集まり、また、湿気のある環境では表面にヌメリがでます。

ヒダは垂生しており、全体的に離れてヒダが並んでいます。色は最初は灰白色で褐色になり、やがて濃色のシミが見られるようになります。

ナラタケのツカは長さが612cmほどで表面には褐色の条線がでています。上部には薄黄色をしたツバがあり、下部は上部より太くなっています。

ナラタケはおいしいのですが、生食や食べ過ぎると中毒を起こすので注意が必要です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ