ナメコ

強いヌメリで食卓の定番きのこ

ナメコ 滑子 きのこ辞典/調べるナメコ 滑子 きのこ辞典/事典

モエギタケ科 スギタケ属 / 別名・和名:ヌメリスギタケ、滑子など

発生場所:ナメコはブナなどの広葉樹の倒木や切り株、枯れ木の幹などに群生

季節:秋~初冬 / おいしさ度:3

ナメコは重なり合うように狭い箇所に集中的に群生するきのこなので、天然ものは数キロ単位で収穫できることもあります。国内では栽培物が手軽に入手でき、味噌汁、和え物、焼き物など、家庭料理の定番ともいえるキノコです。

ナメコは傘が直径2~8cm程の大きさで、幼い時は傘が内側に入っていて半球型をしています。成長するにつれ、まんじゅう型から平らに開いていき、色は赤褐色から茶褐色の物があります。表面にはナメコの特徴でもある強いヌメリがありますが、古くなると退色し、ヌメリは徐々に消えていきます。

ナメコのツカは長さが2~8cmで上部は白っぽく、根元の方は淡黄色をしています。ツカの上部にゼラチン質の濃黄褐色のツバがありますが、成熟するにつれて失われることが多くなります。

肉はやや黄色味がかった白色で、人によっては少し土臭いと言う方もいます。

また、ナメコのヌメリの正体はムチンという食物繊維の一種です。胃の粘膜を保護したり、目を潤したりする働きが確認されています。また、β-グルカン(ベータグルカン)も豊富に含んでいるので免疫力アップも期待できそうです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ