チャナメツムタケ

クリタケに似た美味なきのこ

チャナメツムタケ キノコ図鑑チャナメツムタケ キノコ図鑑

モエギタケ科 スギタケ属 

別名・和名:ジナメコ、ツチナメコ、茶滑紡錘茸

発生場所:チャナメツムタケは針葉樹林、広葉樹林、雑木林内の倒木や地上で発生

季節:秋

おいしさ度:3

チャナメツムタケの傘は直径5~10cmほどで、初めまんじゅう型で成長すると平らに開き、色は茶褐色または黄褐色です。フチの部分には綿毛状のササクレが見られ、表面にナメコのような強い粘性のヌメリが出ることがしばしばあります。

ヒダはツカに直生または湾生し並んでいます。最初は白色ですが段々と土褐色に変化していきます。

ツカは長さが5~10cm程度、幼い時は白に近い色ですが古くなってくると根元の部分から土褐色を帯びていきます。ツカの表面には繊維状のササクレがあり、根元部分には白い菌糸がついています。

肉は傘もツカもしっかりと中身がつまっています。

ナメコより野性味のある風味とコクがあり、歯切れも良い美味なキノコです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ