チチタケ

粘性のある乳液を出すきのこ

チチタケ 乳茸 きのこ事典チチタケ 乳茸 きのこ事典

ベニタケ科 チチタケ属

別名・和名:チタケ、乳茸

発生場所:チチタケは広葉樹林の地上に群生

季節:夏~秋

おいしさ度:2

チチタケは名前の通り、どこかに傷がつくと白色で粘り気のある乳液が出てくるという特徴を持つきのこです。この乳液は臭気があり、同じチチタケ属のツチカブリも似たような乳液を出します。

傘の直径は約5~12cm、色は茶色から赤褐色で、フチの周辺は色が薄くなっていることが多く、表面の質感はビロード状です。初めは中心が窪んだまんじゅう型、成長すると傘が開いて平らになり、古くなると傘が反り返ります。

ヒダは直生から垂生で密に並んでおり、色は白色~淡黄色。褐色のシミが無数に不規則な位置に出ることもあります。

ツカの長さは5~12cmで全体的に太く、上部も下部も太さに違いはありません。ツカ表面の色は傘とほぼ同色か淡い色をしています。

肉の色は全体的に白色で硬く、渋みがあり、乾燥すると独特の匂いがあり、食べるとコクがあります。

チチタケは食用で、歯ごたえはそれほどでもありませんが、香りもよく、煮込むと旨みのあるダシが出ます。人気のあるキノコで、高値で取引される地域もあるようです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ