タモギタケ

味の良い黄金色のキノコ

タモギタケ きのこ辞典 種類タモギタケ きのこ辞典 写真

ヒラタケ科 ヒラタケ属 / 別名・和名:ニレタケ、コガネシメジ、タモキノコ

発生場所:タモギタケはニレ、タモ、カエデ、ナラなどの広葉樹の倒木や枯れ木から発生

季節:初夏~秋 / おいしさ度:2

タモギタケは北海道では一般的ですが、関東より西では見かけることが少なく北方系のキノコとされています。

傘の直径は2~6cmほどで、コガネシメジの別名通り、黄金色またはレモンのような鮮やかな黄色で、その美しい色がタモギタケの大きな特徴のひとつになっています。また、傘の形は幼いうちは縁が内側にまいたまんじゅう型ですが徐々に開いていき、古くなると反り返って漏斗型になります。

タモギタケのヒダの部分は白色から淡黄色でツカの部分まで大きく垂れ下がっています。

ツカの部分は数本がひとつに結合していますが、分岐しているものもあります。色はヒダと同じく白から淡黄色、長さは2~5cmほどです。

肉は傘の部分は薄くなっており、色は傘の色とは違い全体的に白色で、肉からはわずかに特徴的な匂いがします。

タモギタケは一般的にはあまり馴染みのないキノコですが、味や香り、噛んだ時の食感は大変よいことで知られています。また、発生地の北海道や東北地方などでは特に好まれ、栽培品も通常のタモギタケという名前の他にコガネシメジという商品名でも販売されています。

また、タモギタケにはアミノ酸やβ-グルカン(ベータグルカン)が豊富に含まれており、サプリメントの素材としても近年注目を集めています。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ