シロナメツムタケ

新鮮なうちに料理したいきのこ

シロナメツムタケ きのこ事典シロナメツムタケ きのこ事典 図鑑

モエギタケ科 スギタケ属

別名・和名:白滑紡錘茸

発生場所:シロナメツムタケは各種林内の倒木や地上などに群生

季節:秋~晩秋

おいしさ度:2

シロナメツムタケは傷みやすく、採ってから一晩たつと臭いが出てきます。食べるには新鮮なものを利用したほうがいいでしょう。

シロナメツムタケの傘は直径が約3~9cmほどで、初めは半球形やまんじゅう型をしており、成長すると傘が開き、やがて平らになって最終的には反り返ります。湿気がある場所では名前通り表面に強いヌメリがあり、中央部分には小さい鱗片状のササクレがあります。色は全体的に灰白色で、中央付近ほど淡い褐色を帯びています。

シロナメツムタケのヒダはツカに直生または湾生し、シイタケのようにやや幅広に並んでいます。色は若い時は白ですが、段々と薄い褐色に変色します。

ツカは真っすぐな棒状であることが多く、上から下まで太さの違いほぼありません。表面は小さなササクレがあり、色は傘と同様に白色に近い色です。ツカにはツバはありません。

内部の肉は色は類白色~乳白色または薄い黄色で、ツカの根元近くは濃い色になっています。傘の部分は肉に厚みがあり、特徴的な香りがします。

味にクセがなく食べごたえもあり、いろいろな料理に合うきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ