ショウゲンジ

僧侶をイメージさせる姿で美味なきのこ

ショウゲンジ キノコ事典 辞典ショウゲンジ 正源寺 キノコ辞典

フウセンタケ科 ショウゲンジ属

別名・和名 ボウズタケ、虚無僧、正源寺

発生場所:ショウゲンジは主にマツ科など針葉樹林の地上に群生

季節:夏~秋

おいしさ度:2

ショウゲンジは、その姿が尺八を吹きながら歩く虚無僧のようにも見えるため、「虚無僧」「ボウズタケ」などの別称をもつきのこです。

傘は5~12cmほどの大きさになり、色は薄い黄褐色で、まれに紫色に近い色も見られます。傘の形は初めは丸く球形をしており、成長につれてまんじゅう型に変形し、古くなると反り返った形になるまで開きます。また、ショウゲンジは幼い時は紫色を帯びた白色の外皮膜に覆われており、成長にともなってそれが破れ消失し、放射状の線となって残ります。

ショウゲンジのヒダはツカに直生または上生し、やや密に並んでおり、色は初め白色ですが、段々と薄いサビ色に変色していきます。

ツカは5~15cm程度と長く、根元付近ほど太くなっています。また、中ほどの位置に繊維状のツバが見られ、根元付近にはツボが見られる場合もあります。

肉の色は白色で匂いは特にありません。

国内では古くから食用とされており、歯切れもよく美味なきのことして親しまれてきました。汁物、鍋物など、様々な料理に合うきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ