シャカシメジ

 お釈迦様の頭のようなキノコ

シャカシメジ きのこ事典 検索シャカシメジ きのこ事典 検索

キシメジ科 シメジ属 / 別名・和名:センボンシメジ、千本湿地、釈迦湿地など

発生場所:シャカシメジは広葉樹と針葉樹の混生林地上に束生

季節:晩夏~秋 / おいしさ度:3

シャカシメジは傘の直径が1~5cmほどの大きさのキノコです。沢山のきのこが集まって発生し、その姿がお釈迦様の頭をイメージさせるためにこの名前が付きました。また、無数に集まる様子から「センボンシメジ」などとも呼ばます。

傘の形は初めは半球形、成長するにつれ平らなまんじゅう型または中心部分が少し高い平らな形状になります。色はグレーまたは灰褐色で表面は繊維状になっており、傘の部分の肉は薄くなっています。

ヒダは密に並んでいて、ツカに直生また垂生しており、色は白色から薄い灰色です。

シャカシメジのツカは1~10cm程度の長さで、根元で全部のツカが密集して株状になっています。100本以上のツカが集まった株の直径は50cm、重量は1kgに達するものもあり、大きな株のものは雑木林の中でひと際目立つ存在です。

ツカの色はヒダとほとんど同色で、表面には条線が見られます。

肉もツカやヒダと同じく、白色~薄い灰色をしており、肉質はもろくて壊れやすくなっています。

シャカシメジは風味も歯ごたえもよく、汁物や炒め物などにおすすめのおいしいキノコです。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ