シイタケ

一番身近なキノコ

シイタケ 椎茸 おいしいきのこ事典シイタケ 椎茸 おいしいきのこ事典

ツキヨタケ科 シイタケ属 / 別名・和名:椎茸

発生場所:シイタケはミズナラ、クヌギなどの広葉樹の倒木などから発生

季節:春・秋

おいしさ度:3

シイタケは食用に栽培されているキノコの中で最も知られ、全国的にスーパーや生鮮品店などで販売されていることから、私たちにとって一番身近なキノコです。販売されているものは原木栽培がメインですが、広葉樹林では天然に発生しているものもよく見かけます。

シイタケの傘は、初めまんじゅう型あるいは球のような型をしており、成長とともに開き最後は平らになります。表面は茶色から黒褐色で湿り気はありますが、粘性物やヌメリはありません。また、傘には綿毛状のササクレがあります。

ヒダは湾生から上生していて、ほぼ白色をしています。古くなると徐々に茶褐色のシミが現れます。

シイタケのツカは白から薄い茶褐色で、根元に近い部分には茶褐色のササクレがあります。

肉は白色で緻密ですが、表面に近い部分は褐色をしています。乾燥するとシイタケ独特の匂いを放ちます。

ご存じの通り、シイタケは、汁物、鍋物、ごはん、炒め物、焼き物など、色々な料理に合うきのこです。生食や生焼けのものを食べると、体質によりますがアレルギー症状を引き起こす場合があります。また、野生に生えるキノコを採るときは、毒キノコであるツキヨタケと間違わないよう注意してください。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ