サケツバタケ

ツバの部分が裂けるキノコ

サケツバタケ きのこ辞典/事典サケツバタケ キノコ図鑑/事典

モエギタケ科 モエギタケ属 / 別名・和名:裂鍔茸

発生場所:サケツバタケは畑や草地の地上や、牛馬のフンなどから群生。

季節:春、秋 / おいしさ度:2

サケツバタケはツバの部分が星形に裂けることが特徴のきのこです。

傘は直径が5~15cm程度で、色は茶褐色~赤褐色です。細かな鱗片に表面が覆われていることもあります。形は若いうちはまんじゅう型、成長にともない傘が開いて平らになり、最終的には反り返って中心がくぼんだ皿型になります。

ヒダは直生して密に並んでおり、色は白~褐色です。

サケツバタケのツカの長さは5~15cmほどで、若いうちは全体的に太く、成長とともに段々と細く長くなっていきます。また、根元部分は球根状で大きくなっており、基部には白色の菌糸が見られます。ツカの色は白色~淡い黄褐色で、表面に絹のような光沢がでています。

ツカの上部には崩れた星のような形の、名前の由来にもなっている裂けたツバが見られますが、落ちて失われている場合もあります。

肉の色は白色で無臭です。

サケツバタケは粉を胞子を洗い流して調理するとおいしい食用キノコです。煮物、鍋物、炒め物などに利用されます。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ