サクラシメジ

桜色のおいしいキノコ

サクラシメジ きのこ図鑑 写真サクラシメジ きのこ図鑑 写真

ヌメリガサ科 ヌメリガサ属 / 別名・和名:アカンボ、タニワタリ、ドヒョウモタセ、桜湿地など

発生場所:サクラシメジは広葉樹林の地上などに群生。まれにフェアリーリングと呼ばれる大きな輪状に発生することも。

季節:秋 / おいしさ度:3

サクラシメジの傘は直径4~12cmで、湿度が高い環境では表面にヌメリがでます。色は淡いピンク色や名前の通り桜色で、フチ周辺より中央部は色が濃く、赤ワインに似た色やアズキ色をしています。形は初めはまんじゅう型で、成長とともに傘が開き、最後は平らになります。

サクラシメジのヒダはやや密に並んでおり、色は初め白色ですが徐々にワイン色のシミをつけ、成長するとツカに垂れていきます。

ツカは長さは3~10cm程度で根元に近づくほど細くなっています。ツカの色も最初は白色ですが、段々とアズキ色を帯びてきます。

肉は白色で、傷がついた場合は時間が経つにつれ赤褐色に変色していきます。

サクラシメジは多少苦味がありますが、茹でると黄色くなり、苦味は消えて旨味が出ます。炒め物や鍋料理など、どんな料理にも合うおいしいキノコです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ